FC2ブログ
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔、すごいイケメンがいたんです。
学校に一人はいるって言う、だいたい皆が好きになるタイプのイケメンが。
長い話になるのでハショるけど、
高校の時たまたま擦れ違って、声を掛けられた事がありました。
まさか自分を呼んでるなんて思わなかったから目の前を素通りしたけど、
相手にとっては相当ムカついた事でしょう。まだモテていそうだったしな。
舌打ちしたのが聞こえました。
ぶっちゃけ私も小学校の頃から気にはなっていた子だったので、
未だに未練がましく思う訳です。
『あの時振り向いて話をしていたら、今なにか変わっていたのかな』って。
って言う、オチも何もない小話。

さて、おはようございます。
曇ってます。
9月は台風の季節とはいえ、今年はやたら大きいのが続くような気がします。
私が住んでいる所は毎回運よくかわすので被害もあまり大きくありませんが、
ニュースでは各地の被害が報道され、「ここは本当に日本か」と思ってしまう程…。
日常が非日常になる、それは昔中二病的に夢見た展開ではありましたが、
いい加減これだけ大人になってしまうと、そんな事を望む事も無く。
むしろ心穏やかで、静かに暮らしたいと願うばかりです。
台風に限らず、被害をうけた各地の方が、
一日も早く日常の生活を取り戻せるといいなと、陰ながら思う次第です。
なんか、街頭でユニセフ募金とか迫られると、
内心「これ本当にユニセフに行くのかしら、新手の詐欺かしら」とか疑うけど、
コンビニレジ前に募金箱とかあるとつい小銭(小銭かよ)を入れるようになった。
昔は絶対スルーしていたけれど、人ってこんな些細な部分も変わるんですね。

自分の心の痛みが、時を経て人への関心へと変化する。
苦しくてたまらなかった当時は、他人は憎悪の対象でしかなかった。
募金なんぞ興味なかったし、偽善者なんて糞くらえだった。
騙されるのも嘲笑されるのも大嫌い。
さっき仲良く話していたと思った相手が、
もうすぐそこで自分の影口をネタにバカ騒ぎ。
あらゆる場面で、人と関わりたくなかった。

でも数十年生きて今、自分の環境も、病状もそれなりに変わって、
あの日自分が無下にしてきたものを、日々のちょっとした瞬間に思い出す。
自分を守る事で精一杯で、いろんな物を無視していた。
気づかないフリをして平静を装った。相手はどんな気持ちだったんだろう。

それは今が昔より大分良くなったから言える事で、
今がまさに渦中の人はそんな風には思わないと思う。
自分も悪い時は今だって、昔の様に思う事が未だにある。

生きてる事が正しいとか、自殺は間違いとか、
苦しいのに頑張るのに価値があるなんて思わない。

でももしも今より少し病状が良くなったら、
住む環境や、付き合う人間関係が変わったら、
明日か明後日か一年後か、数十年先かは分からないけれど、
募金箱に小銭を入れたくなる日が来るかもしれない。

苦しい事は苦しいって言っていいんだよ。
泣きたい時は一杯泣いてよ。
ただ、笑える時は、我慢せずに笑おう。
忘れちゃった?笑い方。楽しいってなんだろうって思うよね。
だけど、自分は苦しいままじゃなきゃダメなんだ、なんて事はない。

笑える方へ、眩しい方へ、
行っていいんだ。
死後の世界の話じゃないよ?

今日は木曜。週の真ん中を過ぎた微妙な日。
いってらっしゃい。
無事に戻って、酒を呑もう。
スポンサーサイト

好きなコト

Category : 日常

好きな事、ありますか?
私は謳う事と紅茶が好きです。

カラオケに行ければ万々歳。
紅茶の茶葉を蒸らしながら、ぼーっと眺めていられる時間があったら幸せ。

お酒は好きだけれど、たぶんこの好きは、
飲み物として楽しいから好きっていう意味じゃないと思う。
普段あまり羽目を外さないから、酔っぱらう程大量に呑めれば、
愉快な気分になって何も考えなくて済むから「好き」なのだ。
何も考えなくて済むから好き。どう見てもアル中です。

ゲームは機器を問わず好きだけれど、
今となっては一日ゆっくりゲームに勤しむ事も難しい。
休日なんてあって無い様なものだもんね。

漫画も絵を描く事も何かを作る事も、みんなみんな好きだった。
まだ好きだけど。

時間が無い。お金も無い。心に余裕も全然無い。

だけど、それでも、一瞬でも、
忘れられる時間があるといいよね。
嫌な事を。

今日も一日いってらっしゃい。
電車に飛び込んでスプラッタにならないで帰ってきてね。
ちゃんとご飯食えよ。


こんなにイライラして、こんなに苦しくて、

泣きたいのに。

何か希望を持って、今をやり過ごす事に意味があるのか。

イヤホンで耳を塞いで、雑音を遮断する事くらいしか出来ない。

あれもこれも全部が嫌で、自分の全部が醜いと思うのはたぶん、
無駄に理想やプライドが高いから。

少しの事にもイラついてしまうのは、自分の心に余裕が無いから。

プライド要らないです。

そういうゴミみたいなモノは可燃ごみの日にでも出せばよいのです。
きっと拍子抜けする程さっさと綺麗に燃えるんだろう。

余裕欲しいです。

もっと良い事考えようよ。
もっと楽にしたらいいじゃない。

幾つになってもアホの子なのね。
ん~、連日睡眠時間が短いので目が見えんです、本当に。
近眼で視力が弱いのは勿論そうなのですが、
寝不足で乱視と乾燥が加速してしぱしぱするし、近くもぼやけて見えずらい。
いつも半目状態で物を見ようとするので、『怒っているの?』なんて聞かれちゃう。
おこだよ、激おこだよ。世界の不条理と自分の未熟さに毎秒単位でぷんぷん丸だよ。

さて…。
昨日は色々と私生活でキャパシティーを超えまして、
怒りや悲しみや不快を通り越すと、無感情になると言いますか。
あーもーどーでもいいやー、的な。
普段物事を良く考える性質なので、キャパオーバーになると吹っ切れて、
どうでもいいわ、もう好きにしろよ、考えるの疲れたよって成ってしまいますはい。

こういう事は以前(基地外認定されて通院したり、夜中の交差点を徘徊していたりの頃)に
比べると大分、というより殆ど劇的に減りましたが、
(私も今ではほとんど真人間ですのよ、マジで)
それでも未だに、所謂投げ槍な状態になると、
吐く程酒飲んで気持ち良くなってへらへら笑って愉快になって、
記憶がぶっ飛んでいつの間にか寝落ち、からの翌朝、
「あれ、昨日いつ寝たんだっけ」ってなるまで酒に呑まれるのが唯一の息抜きです。
小分けにストレスを発散するのが下手みたいで。
でもまあ今では年に2回くらいの可愛らしいささやかな抵抗です。
難点があるとすれば、いかんせん酒に強い。
昨日も赤ワインとカクテル缶一本とシャンパン開けたのに大して効果も無く。
薬が効かない体質と以前書きましたが、なんか薬が効かない人間は酒にも割かし強いそうで。
迷惑です。
『私弱いので、カシスオレンジ下さい♡』
で泥酔してコロっと眠れるレディーに仕上がりたかったです。

本当は自分は、精神安定にはカラオケに行くのが一番ストレス解消になるのですが、
昔は学校に通うが如くカラオケに通っていたけれど、今の生活ではもう無理で。
自分の時間さえ自由に持てない。悲しいけどこれって戦争(大人)なのよね。

でもどこかで鬱憤を発散する事は大事だと思います。
キレ方は人それぞれ違うと思うけれど、あんまり溜め込み過ぎないでいたいですね。

今日は日曜、どうか皆さんの休日が、ちゃんと安息日になりますように。
今回はあんまり綺麗な話では無い。
いつもそんなに綺麗な話でもないけど。
うんこの話。(伏字にしろ)

(文が長すぎて、話の内容も脱線している箇所がございます。
ここだけ読んで♡って部分は赤っぽく色を変えました。
他はスルーでも問題無いです。)

ちょっと特殊な家庭環境で育った自分は、
物心付いた時にはもう自分じゃない自分にならなければいけなかった。
独裁国家みたいな抑圧された環境で、気の休まる時も無く、
いつも親を恐れていた。
顔を合わせる度、同じ空間に居る度、罵倒と暴力に始終怯えた。
そのうち一緒に居なくても、離れていても、家にいなくとも、
常に『何かがおかしい』と感じ始めた。(説明しにくいが、心的な何かの違和感なのかも)
そんなだからか、あるいは単に自分に問題があっただけなのかは分からないけれど、
たぶん自律神経とか副交感神経とか心身のバランスとか、そんなのが、
変な感じにアレして崩れてしまったのかもしれない。

というのは長い前置きで、私は生まれついての極度な便秘です。
何もしなかったら一ヶ月出ないとか、そんなんです。今笑ったヤツそこへ直れ。

そして、最近になって知った目から鱗の衝撃の事実がある。

『腸内環境を改善すると、落ち込みも改善される』という検証結果だった。

今までにいくつもの病院を周り、心療内科にも掛かり、色んな薬を試したし、
精神科病棟にぶち込まれたり隔離病棟に拘束されたりと、まあそういう事もあった。
べ、別に便秘でじゃねーよ!なんか解離とかPTSDとか摂食障害だとか鬱だとかなんだとか、
いろんな事言われて完全に基地外枠だったからだよ!
べ、べ、便秘で隔離病棟に拘束されたワケじゃないんだからね!(くどい)

でも体質なのか何なのか、薬が一切効かなかった。
薬を飲んだって気分は戻ってこないし奇行も治らない。
良い効能は出ないのに副作用ばかりが出る、迷惑な体だった。
当然、平行して処方された整腸剤も意味を成さなかった。

そして思った。
私って病気じゃないんじゃね。ただの性格じゃね。これが世に言う中二病か?
何か特殊な細胞が体内への全ての異物を排除している。
その内魔眼でも開眼しちゃうの?

もしこの落ち込みや不安、考え過ぎや恐怖などが性格なのだとしたら、
もう一生治らないのではないか。
この暗い穴の底みたいな所で手足も動かせずベッドに沈んだまま死ぬ。
当時はそれはもう本当に本当にそう思っていた。
だって日の光を見た事も、楽しくて笑った事も、いつの事だったか覚えていなくて、
だいたい、自分の人生にそんなミラクル現象起こった事あったっけって感じだった。

そんなこんなで数十年。
最近になって『腸内環境が悪い人は鬱傾向にある』という事を知った。
テレビでもやってた。

10年以上謎の鬱症状に悩んだAさん(仮)が、仕事も出来ない、家庭も崩壊、
人生お先真っ暗って時に名医に出会ってラッキーチャンス発生、っぽい某有名番組。

結論から言うと、便秘が治ると人生が変わるって事。
腸内環境は、鬱や、脳内物質の不具合から生じる精神的病に確実に影響する。

これを聞いた時、
生まれつき頑固な便秘持ちだった私はなんだかすごく納得してしまった。

だって要らない物が体に詰まって腐ってるんだぜ。
必要の無い物が全部体から出て行けば、体が軽くなるばかりか心もスッキリと晴れる。
これは自分でも経験した事がある気持ちだからよく分かった。
便秘には本当に悩んでいるし、心底治したいと思っているけれど、
まさか便秘と鬱が関係あるなんて考えもしなかったので目から鱗とはこの事だ。

これまでも、テレビや本などで見聞きした腸内改善法は片っ端から試してきたが、
結局効果が表れなかったので半ば諦めと言うか、もうどんな情報を見ても期待は持てなかった。
だけれど、便秘が治って気分の落ち込みも治るなら、これはなんて凄い事だろうと、
改めて思った。
一石二鳥どころの話じゃあないぜ、新しい人生開始の予感。

大袈裟だと思うだろ?でも本当に便秘に悩んでる人には分かる話だと思うんだな。
体に蓄積されていく重たい何か。胸の上まで込み上げてきて、いつも苦しくて。
下剤を大量に飲んでも出ない時は出ない。運よく出ても激しい腹痛と吐き気、めまい。
おじいちゃんおばあちゃんになるまでこれが続いたら、たぶん便秘で死ぬと思う。

それから自分はもう一度一念発起して、
『一日一回これを食べれば便秘は治る!』とか、
『一日5分、ストレッチで腸内改善!』なんて情報は頭の中から切り捨て、
兎に角一日最低三食毎、まず乳酸菌を摂る。
ヤク○トとかジ○アっぽい感じのヤツを一本飲んでからご飯にするとか、
寝起きや食後に一口でもヨーグルトを食べるとか。
朝昼晩に限らず、小腹が空いたり、おやつの時間だったり、寝る前にも、
小まめに、小分けに、意識して乳酸菌を摂っている。

結果、何もしなければ一ヶ月は溜まり続ける体質が、
段々と改善されてきた。
出るもんを出す。(伏せろって)
気分は悪くない。

これで落ち込みや、あらゆる精神的病が改善するとは言えないが、
体に不要な物が詰まっているという、生き物として不自然な状況を変える事は出来る。
それはきっと心身共に『健康』な行為のハズだ。

途中話が脱線しまくって長くなってしまいましたが、
『腸内改善』これだけは、
訳の分からない鬱状態に悩んでいる人には是非試してもらいたいです。
良くならなくとも、悪くなる事は絶対無いと思う。

もし詳しい事や、他にも便秘解消術が知りたい人がいたらカキコとかメール下さい。
私の人生を結集して集めた情報を余すところなく放出します。
それかグーグル先生が教えてくれます。

人が人を変える事は出来ない。
自分を変えるキッカケをくれたり、誰かの影響を受ける事はあっても、
そこから本当に自分を変えられるのは、自分自身の努力だけだと私は思う。
だけどもし今あなたが暗い場所に居るのなら、
一緒に明るい方向へ行けるように、考える事は来ると思う。
東尋坊から飛び降りないで、
富士の樹海で迷子にならないで。
ちゃんと帰ってきてね。

長時間のPCは目の限界だな…。
今日はこれにて。

あなたが今日、少しでも笑えますように。

寂しい時、優しくされたい時、泣きそうな時。
楽しそうに笑いながら擦れ違っていく人達を見て、
なんとも言えない憎悪や嫌悪感を抱く事がある。
馬鹿じゃないのって、心の中で目一杯の悪態を吐いて、
皆消えればいいのになんて思ったりする。

だけど一方で逆に、赤の他人にもかかわらず、
底なしの優しさと慈愛を尽くして接したいと思う自分もいる。
自己犠牲とも偽善ともどこか違う気持ち。矛盾した行為。

寂しい、寂しい、悲しい。誰か側に居て。

本当は自分がされたいハズの優しさを、他の誰かにする事で、
まるで自分が癒されている様な錯覚。

優しい人の殆どはどうせただの偽善だと、捻くれて考えてしまうけれど、
誰かに優しく出来る人は、寂しくて泣いている人なのかもしれない。

先週まで暑かったのに、急に寒くなってきました。
秋も冬もそれぞれに趣きがあり、好きな季節ではあります。
(初めて枕草子を知った時は感動しました。天才って昔から居たんだなって。)
でもやっぱり寒いのは苦手。
縮こまっていると気分まで鬱屈してしまうし、
重ね着なんてすると体が重くて肩も首も凝っちゃうし。
仕舞いには引き篭もりに磨きがかかる。
自分だけの場所で身を守っているのが一番安らぐ、典型的な人間不信者です。
でもそうも言っていられないから結局外へは出ないといけない訳ですが。
学校、会社、社会復帰、…人それぞれ理由はあるだろうけれど、
しんどい気持ちは皆一緒で、重い足を引きずって今日も玄関を出るのかもしれません。
おつかれさま。いってらっしゃい。
誰かちょっと後ろから轢いてくれないかななんて思っても、
気を付けて、無事に目的地まで着いて下さいね。私もそうします。たぶん。

それじゃあ、朝の用意に取り掛かるとしましょうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。