FC2ブログ
 

まとまりのない文章ですが

Category : 日常

精神的な不調を、肉体的な不調が上回りつつあるここ数年。
摂食障害、不眠、アルコールなど、数えきれない程の不摂生が祟ったのだと思うと、
「仕方が無い」のかもしれません。

あんなに死にたい死にたいと願って色々やらかしていた時はしぶとく生き残ったのに、
生きたい、今更死ねるかと思い始めた途端、病魔に襲われたりする。
生き物の生への執着は時として凄まじい力になるけれど、
終わる時は手元から箸を落とす様に、一瞬で突然で呆気ない。

つい先日まで、また体調を崩して満身創痍だったのですが、
肉体的な痛みがものすごくて、
苦痛→回復、苦痛→回復がこう何度も続くと、
さすがに疲労困憊と言いますか、命の危機を自覚してしまいます。
ありきたりですが、人間いつどうなるか分からないんだな…と。
年ですかね。

太宰治は「恥の多い生涯を送って来ました」と書きましたが、
私は実に「無駄の多い生涯を送って来た」と心底思ってしまいます。
摂食障害で無駄にしてきた食べ物、お金、時間。
何の生産性も無く惰性で生きてきた時間、
掛ける価値もない自分に投資してきた金。
思えば尽きない後悔ばかりの半生。
ああ、なんだかなぁ、本当に、無駄ばかりが多い人生だ、と。
感傷に浸りたいなら一人でやってろって感じですけど…。
すみません。

だけど、ひとしきり役立たずな自分を自嘲し終わる頃には、
不思議と今度は名前も知らない、
会った事もない、不特定多数の誰かの事が思い浮かぶのです。

ツライ
痛い
息がし難くて
死んでしまいたくて
誰かに助けてほしい
助けてなんてほしくない
優しい言葉をかけられたい
もう独りにしてほしい

色んな感情を抱えながら、泣きたい人が、今もどこかに居る。

そしてやたらと応援したくなります。
どうか負けないで、諦めないで、生きていて。
自分が出来ない事を人に求めるのは無責任ですよね。
だけど自分に出来ないから、一生懸命応援したくなるのかもしれないです。

楽しいだけの幼少期が過ぎて、先日初めてあからさまな悪意を受け、
涙をこらえながら帰って来た我が子を見ました。
人生なんて楽しい事なんか殆ど無い、生きてるなんてツラい事ばかりだよ…
そんな事を考えながら、
だけどどうか潰されないで、
あなたが楽しいと思える時間が少しでも多い毎日だといいな…と思いました。

目の前で誰かが傷付いていても、自分に出来る事なんて本当に無くて、
ただ思って、寄り添って、話を聞いて、一緒に怒ったり泣いたり、
それくらいしか出来ないけれど、

どうか我が子が、
どうかどこかの誰かが、
笑っている時間が増えますように。

それだけはいつでも強く願っています。






コメント

ありがとうございます。
お爺さんさんは、最近どうお過ごしですか?
低空飛行でも、変わらず過ごして居て下さっているでしょうか。
お体は壊していませんか?
最近寒暖の差が激しいですね。
私はどうにも寒いのが苦手で、この時期になるといつも冬眠したいと本気で思います。

どうかお体を大切に、平凡な毎日が続きますように…。

No title

みんなが幸せになれば良いですね!!
あなたも笑ってる時間が増えます様に^^
非公開コメント